Message to the sky(空へのメッセージ)

Message to the sky(空へのメッセージ)
41街区

1965(昭和40)年高知県生まれ。 開放的なギャラリーから立ち上がるエスカレーターの頭上にこの作品は設置されています。真っ青な空に向かってそびえ立つ蒼いグラデーションのタワー。始めてこの建物を見た時、作家は「ふっとこのデザインが浮かび、電波を通して人々がメッセージを交換する情景を表現したい」と考えました。建物全体とのコンビネーション、遠くからの景観、緻密な手仕事と金属の対比を意識しつつ、作家独自の作風とイメージとの接点を模索した作品です。

作家名矢島 路絵
設置場所ギャラリーエスカレーター側面
材質ウッドスティックコードコイル、ステンレス棒、パイプコードコイル、塗装合板、銀箔貼りアルミ板、ステンレスフレーム
サイズ300×400×8㎝
制作年1999(平成11)年

マップ

関連施設

カテゴリーから検索する

キーワードから検索する