海鳥達の風

海鳥達の風
23街区

1937(昭和12)年山形県生まれ。 太陽を背にして、作品が逆光の中にシルエットとして浮かぶ時間を、作家は意識しました。少女の前にとまった海鳥は、停止した時間ではなく過ぎ行く時間を表現しています。人間の気持ちが、ふわっとゆるみ、時間が止まってしまうような「一瞬」の表現を目指す作家にとって、場所は重要な意味を持っています。港ヨコハマの存在は、都市空間の中でどのような意味を持っているのでしょうか。 「みなとみらい21彫刻展ヨコハマビエンナーレ'86」受賞作品。

作家名峯田 義郎
設置場所1F 屋外
材質ブロンズ、コールテン銅
サイズ2.8×1.7×0.7m
制作年1986(昭和61)年

マップ

関連施設

カテゴリーから検索する

キーワードから検索する