中央地区の街づくり

みなとみらい21街づくり基本協定

1988(昭和63)年にみなとみらい21中央地区の地権者等で「みなとみらい21街づくり基本協定」が締結されました。この協定は、地権者の間で街づくりについてのルールを自主的に定め、その基本的な考え方を共有し調和のとれた街づくりを進めることを目的としています。 この協定には、街づくりのテーマや土地利用イメージとともに、

などの、街づくりについての基本的な考え 方が示されています。 また、建築物については、敷地規模、高さ、 ペデストリアンネットワーク、外壁後退など の基準が示され、高度情報化社会への対 応、都市防災、環境や周辺市街地への配慮 など、都市管理に関する項目についても規 定されています。

土地利用イメージ

cont18_01.png

建築物等の高さの最高限度

cont18_02.png

ペデストリアンネットワーク

都心における歩行者空間のネットワークとして、次のような街区をつきぬける形で、ペデストリアンウェイを形成しています。特に、横浜ランドマークタワー側からパシフィコ横浜へインナーモールとして連なる「クイーン軸」、横浜駅側から臨港パークを結ぶ「キング軸」、二つを結ぶ形で交差する「グランモール軸」の三つの軸で、歩行者ネットワークの骨格を形成しています。

IMG_2892.JPG

ペデストリアンネットワーク

cont18_03.png

スカイライン

みなとみらい21中央地区では、魅力ある街のスカイラインを演出しています。都市的骨格に沿って、超高層の建物を計画的に配置し街のランドマークを形成するとともに、全体的な基調として内陸から海へ向かって徐々に街並の高さが低くなるようにしています。また、どこからでも海や港が感じられるように、街の主要なビスタポイントから海に向かっての通景空間を設けるとともに、各建物の建て方の工夫によって、街の奥深くまで海が感じられるようにしています。

コモンスペース

当地区では、賑わいにあふれた豊かな都市空間を生み出すため、全ての敷地にコモンスペースを設置しています。コモンスペースとは、公共空間と建物とを結びつける中間領域であり、人々が自由に出入りできる空間です。どのように作るかはそれぞれの施設によって創意工夫されており、通り抜け通路、中庭、建物内の吹抜け空間など、様々な演出がなされています。

cont18_04.png

アクティビティフロア

当地区では、街の賑わいを演出するため、全ての建物の低層階にアクティビティフロアを設置しています。アクティビティフロアとは、店舗、ショールーム、サービス施設等、人々が自由に利用できる空間を設置するもので、街の賑わいの連続性を保ちながら、ヒューマンスケールな街並を形成しています。

中央地区都市景観形成ガイドライン

「景観法の景観計画」及び「横浜市魅力ある都市景観の創造に関する条例の 都市景観協議地区」に基づくルールで、より良い都市景観の創造を目指して います。 基本項目は以下のものです。

みなとみらい21中央地区都市景観形成ガイドラインはこちら

chuou.jpg

区域図

cont18_05.png

みなとみらい大通り沿道地区のルール

cont18_06.png

関連情報