取り組みの経緯 2011(平成23)年度

社会実験と関係法令の調査(港湾緑地、公園、道路、公開空地)
2010(平成22)年度の社会実験を継続・発展して、公共空間のにぎわい利用に関する効果や課題の検証を行いました。具体的には、対象場所として桜木町駅前広場(道路)及び公開空地を追加するとともに、屋外での飲食提供方法についての課題を整理しました。

JAZZ&Wine 2011

■実施日・会場
2011(平成23)年10月8日(土) 汽車道・運河パーク(港湾緑地)、 桜木町駅前広場(道路)
2011(平成23)年10月9日(日) グランモール公園美術の広場(公園)、 桜木町駅前広場(道路)
■主催
みなとみらい21地区公共空間活用社会実験実行委員会
■協力
横濱JAZZ PROMENADE実行委員会
■内容
・同日開催の横濱ジャズプロムナードの連携イベントとして、デキシーランドジャズパレードの実施
・ジャズの定点演奏(桜木町駅前広場、公開空地)
・ケータリングカー等による飲食スペースの設置

内水域景観形成社会実験

■実施日
2011(平成23)年12月10日(土)~2012(平成24)年1月9日(月・祝)
■場所
汽車道橋梁2基 港一号橋梁(ライトアップ)及び港二号橋梁(イルミネーション)/(港湾緑地)
■主催
みなとみらい21地区公共空間活用社会実験実行委員会
■協賛
株式会社横浜インポートマート
■内容
平成22年度の社会実験に引き続き、当社団法人の会員団体が実行委員会を組織し、汽車道橋梁で、ライトアップとイルミネーションの比較実験を実施。照明演出が歴史的建築物である汽車道が本来持つ美しさを表現できているか、また夜間における美しさ、歩く楽しさ、クリスマスらしい演出が実現されたか、検討を行った。

関連情報