公共空間にぎわい利用 取り組みの経緯

2009(平成21)~2013(平成25)年度にかけて、国土交通省都市環境改善支援事業により「民間のまちづくりの担い手による地区レベルの都市環境維持・改善活動(エリアマネジメント)を促進する」こととなり、みなとみらい21地区においても国土交通省都市環境改善支援事業の補助金を受け、5年間にわたる社会実験の目標、基本的な内容などが検討されました。
本ページでは、当地区における公共空間のにぎわい利用を実現するための、平成22~25年度に実施した社会実験等の取り組みのプロセスをご紹介します。

関連情報