取り組みの経緯 2013(平成25)年度

エリアマネジメントの運用開始
過年度においては公共空間の魅力アップ、にぎわいづくりのためのエリアマネジメント導入に向けて空間活用、法制度(手続き、免許等)、設備、利用者の意向等について調査、検証してきました。
2013(平成25)年度はこれまでの社会実験等の成果を踏まえ、公共空間活用のための具体的な組織化(みなとみらい21公共空間活用委員会の設立)、ルールの作成と認定、一部事業の開始、広報等を行いました。

2013(平成25)年9月 みなとみらい21公共空間活用委員会の設立

新しい許認可ルールの運用開始(桜木町駅前広場、グランモール公園、公開空地)
公共空間のにぎわい利用に関するエリアマネジメント組織としてみなとみらい21公共空間活用委員会(事務局:一般社団法人横浜みなとみらい21)が設立され、「みなとみらい21公共空間活用委員会規約」、「みなとみらい21公共空間活用審査要綱」、「みなとみらい21オープンカフェ実施要領」が定められ、運用を開始しました。
※「みなとみらい21公共空間活用委員会」詳細はこちら

2013(平成25)年9月19日~ ソトカフェ(オープンカフェ)の開始

top_no_01.jpg

最初のエリアマネジメント事業として、公園、公開空地を利用したオープンカフェ「ソトカフェみなとみらい」がスタート。
※ソトカフェ記者発表資料(PDF)

top_no_01.jpg top_no_01.jpg top_no_01.jpg

音楽ライブ、空間利用状況・騒音発生状況の検証

ケータリングカーによる飲食販売と音楽ライブが一体となったイベントにおいて、空間の利用・滞留状況、騒音発生状況について調査、検証を行いました。 また、来訪者と出店者に対してアンケート調査を実施し、屋外公共空間の利用方法や状況について調査しました。以上の結果、空間利用、騒音とも問題なく、来訪者、出店者からイベントについて高い評価が得られました。

top_no_01.jpg top_no_01.jpg

みなとみらいソトカフェLIVE

実施日
2013(平成25)年9月28日(土)・29日(日)
会場
グランモール公園美術の広場(公園)
主催
みなとみらい21地区公共空間活用社会実験実行委員会
内容
・セミプロバンドにより横浜美術館前ステージで音楽ライブを実施
・ケータリングカー等による飲食スペースの設置(グランモール公園)
top_no_01.jpg top_no_01.jpg top_no_01.jpg
top_no_01.jpg top_no_01.jpg

横濱JAZZ PROMENADE 街角ライブ

実施日
2013(平成25)年10月12日(土)・13日(日)
会場
グランモール公園美術の広場(公園)
主催
みなとみらい21地区公共空間活用社会実験実行委員会
協力
横濱JAZZ PROMENADE実行委員会
内容
公開空地、公園にテーブル・イスを設置し、地先出店によるオープンカフェを実施
top_no_01.jpg top_no_01.jpg top_no_01.jpg

その他、各種イベントの実施

昨年度に続き、屋外公共空間を利用し、魅力とにぎわいを高めるための様々なイベントを、関係団体と協力して実施しました。

top_no_01.jpg top_no_01.jpg

Chronicle Cubes

実施日
2013(平成25)年10月31日(水)~11月4日(日)
場所
汽車道(港湾緑地)
協力
一般社団法人横浜みなとみらい21
内容
・汽車道の夜景を演出するアート照明を設置
・「スマートイルミネーション横浜2013」と連携し、同時期に実施
25_8.png top_no_01.jpg top_no_01.jpg

Pika Pika 屋台

実施日
2013(平成25)年10月31日(水)~11月4日(日)
場所
汽車道(港湾緑地)
協力
一般社団法人横浜みなとみらい21
内容
・汽車道の夜景を演出するアート照明を設置
・「スマートイルミネーション横浜2013」と連携し、同時期に実施

関連情報